産廃収運許可3要件

3points

産業廃棄物収集運搬業許可を取る為には、まず下記3要件を満たしていなければなりません。この他には役員が欠格事項(破産、禁固刑、成年被後見人等)に該当しないという要件があります。

01

講習会の受講

Clear Test

試験に合格が条件

日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)主催の講習会を受講し、試験に合格する必要があります。

講習会受講の条件

  • 受講者は許可をとる法人の登記上の役員又は個人事業主に限る
  • オンラインで講習を受講した後、指定会場で試験を受け合格すること
  • 講習会の予約は受講者自身が行うこと(仮予約までは当事務所でも承っております)

02

自己名義の車両

Own vehicle

自己名義の運搬車両を所有

自己名義の運搬車両(貨物車、乗用車、軽自動車)を所有している必要があります。

運搬車両の条件

  • 車両使用者が自己名義であること
  • レンタルの場合は1年以上の賃貸借契約を締結していること
  • 乗用車、軽自動車でも可

03

財務基盤

Money

財務基盤の安定

創業3年未満又は赤字続き等で財務基盤が不安定な場合は、今後5年間で財務基盤が安定することを証明するため、中小企業診断士の診断書(別料金)が必要になります(最悪不許可の場合あり)

財務基盤の条件(愛知県の例)※創業3年以上の場合

  • 直前期が赤字でないこと
  • 直前3期の平均が赤字でないこと
  • 直前期が債務超過でないこと

※上記全てに非該当の場合は不許可になります。複数非該当の場合は、中小企業診断士の診断書により許可を申請することができます(費用10万円程度)。診断書作成に当たってのサポートも当事務所にて承っております。安心しておまかせ下さい。

まずは産廃許可の件で、とお電話ください。052-221-81539:00-19:00(土日祝除く)

お問い合わせ